面接は自分も相手を知るための場所

仕事での能力が高い人が転職をする場合があります。

CONTENTS

面接では求められている能力を把握しておく

面接は自分も相手を知るための場所 仕事での能力が高い人が転職をする場合があります。あの人ならどの企業でも引く手あまただろうと想像します。でも現実にはそうではありません。いくら能力が高くて優秀な人でも求められていないところでは採用されることはありません。優秀な人の場合はそのあたりもしっかり把握しているので求められていないところに応募することはありません。きちんと求めているところを選んで応募します。

面接をするときに気をつけないといけないこととしては、その企業がどのような人材を求めているかを把握しておくことです。それがわからないとなかなか答えることはできません。一応答え方のマニュアル、例などが示されているのでそれを覚えておけばある程度の対応ができそうです。でもそれは基本的な質問の時で、最終的な判断をするときに決まりきった答えをしても印象に残りません。

営業職や技術職、管理職などで募集があるかもしれませんが、その時にその会社がどのレベルの人材を求めているかを把握することで、質問にタイムリーな答えができるようになります。一般的に100点満点と言われる回答をするのではなく、その会社で求められている中で100点満点になる回答をすることを心がけます。

お勧め情報



Copyright(c) 2019 面接は自分も相手を知るための場所 All Rights Reserved.