面接は自分も相手を知るための場所

自分自身にパーソナルカラーがあることを知らない人も多いでしょう。

CONTENTS

面接では企業のコーポレートカラーを意識

面接は自分も相手を知るための場所 自分自身にパーソナルカラーがあることを知らない人も多いでしょう。これは単に自分が好きな色ではなく、カラーコーディネートなどから理論的に導き出された色です。好きな色で合わせるよりもパーソナルカラーで合わせた方が自分自身を良く見せることができます。パーソナルカラーはその人の印象などから決められますから自分の意識などで決めるわけではありません。

組織にはそれぞれ特定の色を決めることがあります。学校にスクールカラーがあるのは良く知られています。会社にはコーポレートカラーがあります。何かその組織で作成するときにはその色をメインに出すことがあります。面接のときの対策としてコーポレートカラーを意識するとよいといわれます。色目のものを使うときにその色に合わせてその企業への気持ちを伝えます。

男性であればネクタイは唯一アピールができるポイントの一つです。コーポレートカラーにすることで注目を浴びれる場合があります。女性は難しいこともありますが、ハンカチなどを持っておきそれをアピールすることでその企業の色を知っていることを伝えられます。ただしこの方法を他の応募者も知っていると同じような色の人が多くなります。その時によって使い分けも必要になります。

お勧め情報



Copyright(c) 2019 面接は自分も相手を知るための場所 All Rights Reserved.