面接は自分も相手を知るための場所

会社や企業の面接を採用する採用担当者は、日常多くの就職希望者の面接を行っています。

CONTENTS

採用担当者側から見た面接者の印象

面接は自分も相手を知るための場所 会社や企業の面接を採用する採用担当者は、日常多くの就職希望者の面接を行っています。そんな面接のプロからみた就職希望者の面接で受ける好印象と、よくない印象には、どの様なものがあるのでしょう。始めに面接の時間についてですが、平均では10?15分前が良いとされていますが、それ以上早い場合は、担当者にとってあまり良い印象ではないそうです。遅刻はもちろんタブーです。

実際の面接では、入室時の挨拶と退室の挨拶は重要。退室の挨拶を忘れる方が意外と多いそうです。そして女性に多いのですが、声が小さく聞き取れないといった問題もあるので、大きな声ではっきりと話されることをお勧めします。また、採用者は体臭もポイントに挙げています。コロンなどの強すぎる香りや、前日食べたと思われるニンニクの匂いも気を付けましょう。そしてもちろん見た目も重要です。寝癖のついた髪や、皺だらけのシャツ、靴が汚れているなど、採用者は実際に細かい部分まで見ています。

また、緊張のしすぎで足を揺する、汗だくになる、髪を触るなどといった行為も、自信がないと見られがちです。そして、敬語を話せない、採用者の話をきちんと聞かずに常に自己アピールを続けるなど、話しすぎも悪印象となりますので、以上の様な点に注意して面接に望みましょう。


Copyright(c) 2019 面接は自分も相手を知るための場所 All Rights Reserved.