面接は自分も相手を知るための場所

面接を受ける時は緊張する事が多いでしょう。

CONTENTS

面接を受ける前の下準備

面接は自分も相手を知るための場所 面接を受ける時は緊張する事が多いでしょう。肩の力を抜いて、自分が伝えたい事をきちんと話せれば良いのですが、やはり慣れるのが一番だと言えます。ですが、慣れない場合でも、ある程度の下準備をしていくことで、慌てずに面接に臨む事が出来るようになります。

第一に自分のキャリアを見直し、そこに物語を作っていきます。これから面接を受ける会社に辿り着くまで、これまで自分がしてきた経験と希望するキャリアパス、そしてそれを実現するにはこの会社でこんなキャリアを積みたい、という様なストーリーです。ストーリーに一貫性があれば、多少転職回数が多くても説得力を感じて貰えます。

次にその会社の情報を調べます。どういった事業展開をし、今後の事業計画は何か。それに自分が役立てる事があるか。社長挨拶や取り組みなども読み、社風をイメージします。そこまで出来たら、最後にこちらからの逆質問をあらかじめ考えておきます。これは先方にとっては、どれだけ興味とヤル気を持っているのか、質問力はあるのかの指標となるので、1?2つは質問するようにしましょう。例えば、ヤル気を見せたい場合は「入社までにさらに勉強をしておくことがあれば教えてください。」や「1日の業務の流れを教えて頂けますでしょうか。」などです。勿論、ノックに始まり最後に出るまでのマナーはしっかり復習して臨みましょう。

お勧め情報



Copyright(c) 2019 面接は自分も相手を知るための場所 All Rights Reserved.