面接は自分も相手を知るための場所

歩くときに下を見るのは自然なことです。

CONTENTS

面接ではうつむきかげんは印象低下につながる

面接は自分も相手を知るための場所 歩くときに下を見るのは自然なことです。道の状況を把握しながら歩くことで障害物などに気を付けることができます。最近多いのは携帯電話やスマートフォンを捜査している人です。この人たちも下を見ながら何かの操作をしています。これはある程度は必要かもしれませんが、歩きながら、自動車に乗りながらとなると非常に危険ですからあまりよいことにはなりません。

面接のときに気をつけたいこととしては、うつむきかげんにならないようにすることです。日ごろから歩くとき、スマートフォンの操作をするときなどにうつむいた状態が多くなっているとその状態が自然に出てしまうことがあります。もっとも印象として残るのが最初に扉を開けたときです。ノックをして入室する合図をしながら入ります。担当者はどんないい人が来るのかわくわくしています。

その時にうつむきかげんで入ってくるとそれで印象を落としてしまいます。そのあと質問でずっと顔を上げていたとしても最初のうつむきが影響し続ける場合があります。受ける側も緊張をするのでどうしても目をそらしたい意識から下を見てしまうことがあります。気を付けるには入室するときに意識をするしかありません。扉を開けて担当者と目がきちんと合うようにします。


Copyright(c) 2019 面接は自分も相手を知るための場所 All Rights Reserved.